MENU

医療事務ってどんな仕事なの?どうやって資格を取るの?

医療事務の資格って何?取得するにはどうしたら良いの?がわかるサイト【取るぞ!医療事務】

医療事務の仕事とは

テレビコマーシャルなどで使える資格として「医療事務」が取りざたされることが多いですが、そもそも医療事務とはどのような仕事なのでしょうか?
“事務”とあるように医療事務の主な仕事は医療費用の計算です。そして、それにプラスして病院に来院する患者様への対応という労働状態が一般的な医療事務の仕事の形態です。
通常の事務の仕事と違い、医療の現場では特別な会計作業が必要なので、それ専用の資格として、医療事務があるのです。

医療事務の仕事が人気が高い理由

なぜ、こんなにも医療事務の資格は人気が高いのか。それは、資格を持っていれば医療関係の就職に有利だということと、一度その仕事を経験しておけば何らかの理由で職を離れなければならなくなったときにも、ブランクがあったとしても復帰しやすいということです。
事務の仕事とは言え、医療事務の場合は特別なスキルが必要なので売り手市場と言うこともあり、長い目で見たときにも就職に有利だからです。

医療事務の資格を取るには

医療事務の資格を取るには、試験を受けて合格すればOKです。
試験内容は決してバラバラというわけではなく、民間の団体が実施する医療事務の資格を取る場合には、その実施団体が運営する医療事務の講座を受講し。必要な範囲の学習をして、試験を受けるだけというものです。
基本的に、医療事務の資格の名称が変わっても、必要とされる知識と技術には大きな差はありません。
自分の条件にあった、医療事務の資格を取得をするようにしましょう。

忙しい人でも受かりやすいって本当

「医療事務」という堅苦しい名前ですが、実際にその資格を取得されている方の多くは仕事の合間に勉強をしているOLさんや、子育てに追われている主婦の方が多いです。
忙しい人で、あってもキチンとコツを掴んで、勉強をすれば決して受からない資格ではありません。
最近では医療事務の資格を取得するための講座も増えてきました。自分に合った受講法さえ見つけることが出来れば、忙しい人でも十分に医療事務の資格を取得することができるのです。

医療事務の資格を目指す前に知っておきたいこと

医療事務の資格って何?取得するにはどうしたら良いの?がわかるサイト【取るぞ!医療事務】

まずは医療事務の資格について知っておこう

医療事務の仕事とは、ふつうの事務のお仕事とはちょっと違います。病院などの医療期間はふつうの会計作業とは異なり、独自のルールがあります。そのルールを理解しているか。また、病院の会計作業を滞りなく行えるか、というのをはかるための資格です。医療事務の資格は実施団体ごとに違いますが、基本的に求められる知識とスキルは同じです。
なので、きちんとコツを掴んで医療事務の勉強をすることができれば、忙しい人であっても医療事務の資格を取得することができます。

病院での医療事務の主な仕事って?

医療事務という名前がついていますので、基本的には事務作業を行います。勤めるクリニックや総合病院などによって、勤務形態は変わりますが。最近では医療事務といっても患者さんと接する機会が増えてきました。医療事務の仕事として、患者さんの受付の対応をしたり。診察券を発行したりなどの、来院された患者さんの対応をすることもあります。
しかし、大きな病院の場合は患者さんと一切接することなく事務作業だけという職場もあるようです。

医療事務の資格はなぜ必要なのか?

医療事務の仕事をする上で、実は資格や免許は必要ないとされていますが。実際には医療事務の資格がないと、病院に医療事務として勤めることは不可能になりつつあります。
これは医療事務の資格をもっているということは、複雑な医療の事務作業を理解しているということの証明であり。スムーズに業務を行えるという証拠でもあるからです。
現在、医療事務の資格を持つ方が増えているので、医療事務として就職するためには無くてはならない資格になりつつあります。
また、お給与の面でも、医療事務の資格があるかないかで、手当てが変わってくることがあるので、やはり医療事務の資格を持っていた方が有利に働きます。

医療事務の資格を取得するための勉強はどうすれば?

医療事務の資格は実施会社によって、名義が違うことがありますが。基本的に、求められる知識とスキルは同じです。
なので、資格を取得することを目的としたスクールに通ったり。通信講座を受けたり、することで資格を取得しやすくなります。
最近では受講者が増えてきているため、学習するノウハウも蓄積されたこともあり、とても分かりやすいテキストが多くなっている傾向にあります。

「女性に人気の資格」
就職のしやすさ、資格取得の難易度の低さで人気が高まっているのが介護職員初任者研修です。介護職員初任者研修はかつてホームヘルパー2級だったものの名称が変わったものです。また制度改正の際にカリキュラムの内容も若干変更されました。
ホームヘルパー2級とは違い講座の最後に修了試験に合格する必要ができましたがそれでも難易度が低く、9割以上のほとんどの方が合格している資格です。介護のお仕事に興味がある方はいまの難易度が低いうちに取得しておいたほうが良い資格といえるでしょう。