MENU

医療事務の資格を受ける人が増えている、その理由とは?

医療事務の資格を受ける人が増えている、その理由とは?

医療事務が人気なのはなぜ?

医療事務の仕事は、一度知識とスキルを身に着けることができれば、一生使える資格です。また、年齢制限が無く。一度転職や子育てで止む終えずリタイアされた方でも、ブランクがあった方でも再び仕事をすることができる資格でもあります。「医療事務」といっても仕事の内容は事務としてのお仕事と、勤める医療機関によっても違いますが、患者さんの受付などの対応だけです。仕事としての負担が少ない割りに、お給料もよく働きやすい仕事なので、今とても人気が高い資格となっています。

医療事務の主なお仕事って?

「医療事務」という名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどんな仕事をするのか分からない、という方は少なくないのではないでしょうか。
医療事務として働くことができる、職場は医療機関が主ですが。病院意外にも歯科医や、調剤薬局などで働くことができるため、資格を持っているだけで幅広い職場で働くことができます。
その働く内容としては、医療機関の受付として、来院された患者さんの初診や再診の手続きをしたり、診察券を発行したりというお仕事です。
看護師さんのように直接医療行為をすることはできません。
また、患者さんのカルテを記入したり。医療費用を計算したりするのが医療事務の主なお仕事になります。

医療事務の資格はたくさんある!

ひとくちに医療事務といっても、実はその資格はたくさんあります。
それは医療事務の資格試験は複数の団体、法人が主催しているからです。実は医療事務は国家資格ではないことが原因なのですが、国家資格で無いからといって、心配する必要はありません。
今の医療事務を取り巻く環境として、医療事務の資格がなければ就職が厳しいということがいえます。
また、その資格があるかないかで、お給与も大きく変わることがあるので、やはり医療事務として働きたいのであれば、もっておきたい資格と言えるでしょう。

医療事務の資格をどうやって勉強すれば良いの?

現在、医療事務を学ぶための講座はとても受講しやすいものが増えてきました。通信講座であったとしても、しっかりと知識を得ることができるテキストも増えてきたので、自分の学習する手段に合わせて学習方法を考えた方が良いでしょう。