MENU

医療事務の資格試験の種類と特徴

医療事務の資格試験の種類と特徴

医療事務は実は国家資格じゃない!?

資格試験のコマーシャルなどで、注目をあびることが多い「医療事務」の資格ですが。実は国家資格ではありません。法律では、医療の事務仕事をするのに免許や資格は必要ないとされています。
しかし、現実には病院などの医療機関で働くためには、医療事務の資格がなければ仕事をするためのスタートラインに立つことができないことが、ほとんどです。また、医療事務の資格は実施会社や法人などによって、さまざまな種類がありますが、実際に必要とされる知識や、技術は同じです。

医療事務の資格試験の種類とその特徴

医療事務の中で、国家認定資格として認められているのが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。公式な資格ではないものも、日本国が認定しているので、
医療事務の資格の中でも強いアピールポイントとなります。
もちろん、ほかの資格試験よりも取得するための難易度は高いことがいえます。
なんとその合格率は30%と言う狭き門です。
また、有名なものとして「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」というのがあります。この試験も難易度が高く、医療制度、医学一般、保険請求事務と求められる範囲が広いことが特徴です。
この試験は在宅で受験することもできるため、受ける人が多い試験でもあります。

医療事務の資格をどうやって学ぶ?

医療事務の資格を受講する環境は、以前より各段によくなりました。医療事務を学ぶための機関は多く、通信講座や、通学講座など自分の生活スタイルに合わせて受講方法を選ぶことができるようになりました。
「通信だから」という理由で、合格率が低いということはなく。どちらかというと、自分のモチベーションを落とさないようなスタイルの勉強方式を選ぶことの方が重要視されるようです。

医療事務の待遇は?

医療事務の勤務形態は幅広く、正社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの形態で勤務することができます。
なので、仕事をリタイアされた方や子育てで忙しい方でも働きやすく。また、ふつうのアルバイトに比べると給与も高い傾向があります。
労働時間を選びやすいため、医療事務として働く女性は少なくありません。