MENU

独学?通信?通学?医療事務の資格試験のための勉強法とは?

独学?通信?通学?医療事務の資格試験のための勉強法とは?

医療事務という固いネーミングから国家資格のように思われがちですが、医療事務の資格はそもそも国家資格ではなく。民間の団体が定めた資格です。医療事務という資格のくくりの中では「国家認定」の難易度が高いものも存在しますが、基本的には民間資格なので、比較的取得しやすい資格ではあります。
しかし、実際に資格を持っていることで、就職で有利になったり。資格手当てが出て給与が高くなることもあるので、もしも医療機関で働きたいと考えている方や、スキルアップを望んでいる方は医療事務の資格を取得することをおすすめします。

難易度いろいろ 医療事務の資格の種類

意外と知られていませんが、医療事務の資格の種類は10種類以上あります。なぜ、こんなに医療事務の資格があるのかというと、複数の民間の団体が主催しているため、10種類以上存在しています。
その医療事務の資格の中でも、とくに取得難易度が高く。唯一、国家認定資格として国に認められている医療事務の資格が「診療報酬請求事務能力認定試験」です。その難易度の高さから、有名な資格であり。合格率は30パーセント前後だそうです。
ただし、この資格を取得していると就職にかなり有利に働くでしょう。
また、医療事務の資格の中には在宅受験ができるものもあるため、資格取得しやすい医療事務もあります。

医療事務が就職に有利な理由

医療事務の業界では、経験者が重視されます。しかし、経験者でなくても資格保持者の方も就職がしやすくなります。
通常の事務と違い、複雑な事務作業が求められる医療事務の仕事において。仕事をする上でのスキルや技術があるか、どうかを判断するための基準として、資格の有無が問われています。
なので、医療事務の資格を持っていることは医療機関で働く上で無くてはならない資格になりつつあります。

医療事務の資格試験のための勉強法とは?

医療事務の中で、自分が取得したい資格が決まったら次に必要なのは、資格を取得するための勉強です。主な方法として「独学」「通信教育」「スクール」の3つがあります。
まず独学ですが、こては販売しているテキストを購入して、自分の力だけで勉強するものです。忙しい仕事の合間であろうとも、キチンと勉強が出来る人は独学でも良いでしょうが、実際には厳しいということが言えるでしょう。
次に通信教育ですが、これはテレビコマーシャルなどで有名な会社にお願いするというものです。試験のためのコツや、効率のよい勉強法が書かれているので、短い時間で資格を取得しやすいといえるでしょう。
最後にスクールですが、これは専門学校に通い資格試験を取得するための勉強をするという方法です。資格取得の確率はあがりますが、コストがかかってしまうのが難点です。