MENU

医療事務は働き方の選択肢が多いのが魅力

医療事務は働き方の選択肢が多いのが魅力

医療事務の勤務形態は正社員だけでなく、契約社員や、パートやアルバイトとして働くことができます。なので、子育ての合間に仕事をしたいというパートタイマーから、正社員としてしっかりと働きたいという方まで勤務形態が選びやすいということがいえます。
勤務内容も、受付業務と事務作業なので、医療事務としての仕事の負担も少ないため、産休明けの方でも働きやすいなどのメリットもあります。医療事務のお給与は決して低くなく、一般企業と変わらないことが多いです。また、アルバイトやパートタイムとして働く場合は通常の自給よりも高いことが多く、都心であれば自給1700円以上もらえるケースもあるようです。

資格があるからこその就職メリット

医療事務として働くためには、資格が必要だと思われていますが。実際には資格がなくても働くことは可能です。
医療事務の資格の中には国家認定のモノはありますが“国家資格”ではありません。
しかし、現状としては医療機関で働くためには医療事務がなければ、就職の前の面接というスタートラインにすら立てないことが少なくありません。
なぜなら、実際に医療事務として働くにあたって、ある程度の知識を身に着けておかなければ医療事務としての仕事を始めることができないからです。

年齢に左右されにくく主婦の再就職として有望なお仕事

医療事務の人気の要因のひとつは、資格さえもっていれば年齢に関係なく働くことができるからです。医療事務の資格は国家資格ではないため、年齢制限や学歴は関係ありません。現在10代から医療事務の資格を試験にとおりさえすれば取得することができます。また、一度医療事務として働いた経験があれば、その経験が重視されるので、一度仕事をやめて専業主婦などになった方が改めて仕事をはじめたいとなったときに、経験があることで年齢に関係なく、採用されやすいので、人気のある資格になっています。

医療事務取得後の就職活動とは?

医療事務の資格を持っていれば必ず就職できるというワケではありません。しかし、資格がアルかナイかでは就職のしやすさは大きく変わります。
社会人として常識があり。最低限のコミュニケーション能力があれば就職できる可能性が高いといえるでしょう。