MENU

大手派遣会社の医療事務

30代 まーりん

 

私が医療事務の資格を取ろうと思ったのは、それまでにしていた仕事の契約期間が終了し、武器になる資格がない状態での転職活動に不安があったからです。
身内に医療事務経験者がいたので色々話を聞くことができたのですが、医療事務とは公的な資格ではないので、資格がなければ働けないというものではないということ。ただし、就職希望者が多い中で未経験、無資格では採用されるのは難しいだろうということでした。

 

実際にハローワークなどで医療事務の求人募集を見ていたところ、2年以上の実務経験ありなどのところが多かったです。
そこである程度費用と時間はかかってしまうものの一番確実な方法として、大手の派遣会社が医療事務講座を開設しているのでそこに通い、資格を取ったのちにその派遣会社に登録してまずは経験を積むことにしました。

 

資格習得のためにかかった期間は3か月ほどで、試験を受けて無事習得することができました。
資格が取れたので仕事を紹介してもらうための登録をしました。クリニックや大病院などいろいろな派遣先が紹介されます。また、事前に面談をして自分が希望する勤務時間や仕事内容などを派遣会社の方に伝えていたので、希望に沿った派遣先があれば会社の方から話が来ることもあります。

 

私は医療事務として幅広い経験を積みたいと思っていたので、受付、会計、レセプト点検等幅広く業務のある病院を探して応募することにしました。
大学病院などの大きい病院では業務が細分化されていることが多いので、受付は受付、会計は会計と専門にしていることが多いようです。

 

面談の結果、希望した病院に行くことになりました。その病院には同じ派遣会社から10数名派遣されているので、わからない事があればその先輩たちに聞くという感じでした。
病院の事務員の人たちもいますが、あくまで派遣社員の教育は派遣会社の者たちで行うという方針らしく、病院の事務員たちの業務の差支えになってはいけないというルールがありました。もちろんそれは原則であり、お互いに協力し合う場面は協力し合います。

 

大手派遣会社の強みとしては、仮に引っ越し等があっても全国に支店があるため働き口には困らないという事だと思います。